<   2007年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

1ポンド(£1)は230円です。

日本人ファミリーから聞いた情報で、ロンドンの中心部の日本食のお店が大SALE中でお米が半額だと聞き、昨日、意気込んで買いに行ってきました。

Keiを公園で遊ばせていて、お米の事をお昼まですっかり忘れていた私・・・家に帰ってから気づいてTELすると、「錦は一日限定100食です。今日は3日目だけど、初日も次の日もお米は13時には売り切れました」とのこと。
やっばーーーと思いつつ、時計はすでに12時半。急いでおにぎりをくわえさせたまま、家を飛び出て、徒歩15分のバス乗り場まで行き、日本食のお店のあるロンドンの銀座みたいな所、ピカデリーサーカスまで行きました。

中心地に着いたのはいいんですけど、あれ?どこになにがあるか把握できる地図を忘れた私。
とりあえず、目の前にメガネのparisMIKIがあったので、そこでお店の場所を聞きました。
日本人なので、すごく丁寧に教えてくださり、「お米でしょ?」とまで言われてしまいました(笑)。
このピカデリーサーカスという都心には、ジャパンセンターという地下は食料品店、1階がレストラン、2階は100円ショップもどきと日本の本屋があったりします。
ロンドンはたくさんの日本食レストラン、お店があって、不便はないですね。
MUJIやユニクロ、回転寿司なんかは、普通にロンドンっ子で混んでますし。
信じられないくらいデパートもお店もたくさんあって、東京と同じ感覚です。

そうそう、無事にお米GET出来きたのは嬉しかったんですけど。
荷物がいっぱいだし、帰りは徒歩で家に帰ってみようと思い歩いていたら(通常は30分の距離らしい)、道に迷って(おきまり)、うろうろと歩いていると、家の割と近くに韓国食品店を発見。
お米が前に出ていたので見てみると、がーーーーーーん・・・・・・・・・・

今日わざわざ買いに行ったSALEの錦4.5Kが£4.50が
普通に£4.80で山住になって売っていましたぁ(涙)。

ご近所のスーパーでお魚もたくさん売っているし(サーモンや白身魚2切れ約£5)、これから日本食品店に行くことは、あまりないと思われ。お米は韓国食品店で購入することとします。

帰り道の途中で寄ったバーガーキングにて。ワッパー(ハンバーガー)とポテト、ジュースのセットで£4.9(千円ちょっと)でした。
ってことは、お米4.5Kより高いのねー。恐るべし、ロンドンの物価よ。

ちなみに、2人でお茶して(コーヒーとケーキ)£20弱くらい。
この間飲茶をランチして、£30でした。夫がビール2本飲んだとはいえ、飲茶だよー中華なのにロンドンは高いな。
この寮は家族寮なのに日本円で30万を超えています。
ご近所の駐在日本人のアパートは同じ広さで£2300だと言っていました。そう思うと、寮はリーズナブルかも!?ロンドンの郊外でも£1300(30万くらい)はするみたいです。
1ポンドが1ドルの感覚に陥ります。

野菜はボストン時代にwholefoods(アメリカのオーガニックスーパー)で買っていたせいか、そう高い気がしませんが、明らかに自炊の方が安いので(ロンドンは人件費が高いらしい)、基本は自炊で頑張ってます。
ご近所のスーパーは世界中の食品が並んでいて見るのも楽しく、品がよくて、気に入っています。すぐ食べられる半調理済み商品(あとはオーブンで焼くだけ)が多いのが、共働き社会を象徴しているように感じました。
[PR]
by keismile | 2007-09-25 21:46 | ロンドン生活

keiにとてもいい環境です!

ロンドンでの生活も1週間がたちました。
家族みんなの時差ボケも直り、家のセットアップもだいぶ片付き、やっと落ち着きました!

一般的にロンドンの賃貸住宅はほとんどが家具つきで、オーナーが揃えた生活用品も一通りあるらしく(TV、フライパン、包丁、お皿なんかも)、身一つで生活が出来るらしいのですが、ここは寮なので・・・・想像より物がなかった為に、電化製品なんかも自分で揃えることになりました。
到着して次の日から、さっそくデパートや電気屋街へ。
お布団セット(キングサイズとシングルのBED用なので、車のない今、持って帰るのが大変だったぁ。)お皿、グラス、キッチン用品、携帯電話、TV、DVD、プリンター、電子レンジ、掃除機、敬のハイチェアー、ランプなどなど、先週1週間は夫と観光をしつつも買い物をしていきました。
ポンド高なので、底値のものを買ったとしても、日本と比べると高いかなぁ・・・でも毎日使うものなので仕方がないです。

寮はロンドンの都会にあるので(しかも駅まで歩いて2分くらい)、いろいろな所に行くのにも便利で、非常に助かっています。部屋はかなり、老朽化してますけどねー。
寮の前には、広大な公園が2つもあって、そのうちの1つは子供専用の公園になっています。大人だけ、動物の入園はNG、入口の門でセキュリティーにチェックされています。
子連れの為の公園なんて、めずらしいですよね。
頻繁に掃除のスタッフが砂場だとか敷地内を掃除しているので、とーっても綺麗で安全、しかも、5歳以下の子供用の遊具がたくさんそろっているし、小さな動物園もあって、室内で遊べる施設もあります(これは登録が必要)。
公園のトイレも子供使用になっているし、カフェもあるんです。
こんな立派な子供の公園、日本にはないだろうなぁと思いつつ、毎日おもいっきりここで遊べるKeiにはとってもいい環境で嬉しく思っています。もちろん公園は無料です☆
東京じゃ、ちょっといい公園はお金とるよね~、目黒とか世田谷あたり。

この室内のDrop-inは平日の午前中なのですが(もちろん、もう登録済です)、曜日によって読み聞かせ、お料理(子ども達がする)、音楽、SoftPlay(何なのかまだ分らない)、隣の幼稚園の子供たちとのFieldTrip(遠足)みたいに、プログラムが毎日あるんです。
日本の児童館みたいな感じかなぁと思っていたら、もっと先生方がしっかりとしていて(日本の児童観が悪いというわけではないです)、1ルームに1人くらいの割合で先生がよーく観察してくれています。何かあれば、そっこう飛んできて子供に対応してくれます。
子供達もkeiの世代±6か月らいなので、私達も馴染めそうです。多国籍な子供達がわいわいがやがや、楽しそうに遊んでいますよ。
ここはおやつも出るので、登録時にある程度の寄付金が必要です。
今日のsnackは・・・小さく切った鶏肉とトマト、チュークリームのシューみたいなのとクスクスを煮たものにサワークリームを付けて食べてました。味はごめんなさい、ちょっとオエって感じだったわ(汗)。あとは毎回フルーツです。

ここロンドンの中心地だからかなぁとも思うけど、先生もママも子供達も、なんかアメリカと違ってお洋服がちゃんとしているんです!!ママ達もすごくセンスいいので、参考になります。
ベッカム婦人のビクトリアさんだっけ?あーいう怖そうなおしゃれママもよくお見かけします(笑)。今の時期は大人も子供もセーターとか着てるかな。スニーカーとか見かけません。皮靴が多くてびっくり(子供もだよ)。アメリカじゃ、センタープレスのはいったパンツとか着る人は見かけたことがなかったけど(ボストンだったから?)、やっぱりヨーロッパですね、先生方もとってもお上品なお洋服です。(日本の児童館の先生ってジャージだよね?アメリカ人は野球のチームロゴのトレーナーを外出着として着るよね?)
公園ではたまにお見かけするけど、室内は日本人はいないみたいなので、余計に気に入っています。

都心といっても、公園が多くて緑深くてお散歩も気持ちがいいです。
ここなら、あと3年は住みたいなって思っているくらい、気に入っています♪←無理だけど・・・。
a0073021_23252373.jpg

[PR]
by keismile | 2007-09-25 20:45 | ロンドン生活

無事に着きましたよー。

今まで更新出来ずの状態ですみませんでした。
それなのに、このブログを気にして見てくれていた方々、ありがとうございます。
またロンドン生活もUPできたらと思っていますので、今後もよろしくお願いします。

16日BAの11時のロンドン便で13時間と長旅でしたが、無事に到着したことをお知らせします♪13時間の長旅も、敬が比較的いい子にしてくれていた&夫もいたので心強かったこともあり、割とスムーズだったように思います。(よかった!といっても子連れフライトはつらいけど:涙)

ただ・・・・一睡もできなかったので私は激疲れで、ロンドンの夕方はすでにコートやセーターが必要なくらい寒くて(知らなかったわ・・・涙)、眠さ+悪寒がして具合が悪くなり、レストランで夕食もまともにとれず、結局まだお布団のないアパートに戻ってタオルをひいて寝るのも辛いと夫に訴え、近くのホテルに1泊しました。
でも、時差ボケで目がらんらん♪深夜の3時に遊んでとせがむ敬にあわせ、6時前にホテルを引き上げてきました。(今朝の話)
だーれもいない早朝のロンドン(6時でも真っ暗)のとある町で、髪の毛ぼっさぼさの家族3人が歩いていて、きっと異様な光景でしたよ。

家は大学の家族寮です。4階建てのフラットタイプで、4階の2LDK。
結構便の良い都会にあり、思ったより広くて快適ではあるのですが、なんというか古くて陰気くさい(ロンドンの住宅事情は悪いのです)、備え付けの椅子もソファーも色あせているし、壁もきれいとは言えません。何より、4階なのにエレベーターなし、これが子供がいるので辛いけど、仕方ないです。アメリカの住宅と比べると、アメリカの方が家賃も質も広さもいい気がします。

さっきも近くの大きなスーパーで日用品など、しこたまお買い物をしてきましたが、物価は高いですね。泣きそうです・・・・。
本当最初のセットアップは、子供がいると余計に大変です。
前回ボストンのときは夫がほとんどしてくれていたので、今思えば、家についても何でもそろっていて、楽でした。
改めて、あの時はそこまで思わなかったけど、すごく大変だったでしょう、ありがたかったなぁとしみじみ思います。

長々と書いてるけど、また慣れた頃にでも、いろいろと書きますね。
敬の為にも、もちろん夫の為にも、私がハッピーでないと家が暗くなって、生活がうまくいかないものです。
ロンドン生活も、たのしく1年を過ごせるよう頑張ります☆
[PR]
by keismile | 2007-09-17 18:35 | ロンドン生活