カテゴリ:ロンドン生活( 65 )

子供の性格 叩く子・叩かれる子

Keiは穏やかな性格なので、玩具はとられる側、叩かれる側、押し倒される側のタイプです(涙)。

でもいつも元気一杯で、同じくらいのお子様を見ると一緒に遊びたくて仕方がなく、交わり、様子をみて遊ばせていますが、必ず相手に何かされて、その子と母親に謝られています(汗)。

公園・プレイエリアでは、毎回必ずこれの繰り返しです。

今日も公園で、3歳くらいの男の子に突き飛ばされ、顔を地面にすって、唇を切って血が出てしまいました。
その男の子のママは生まれたばかりの子供に授乳中で(@公園)、全く子供のことは見ていませんでした。
その子は突き飛ばした後、そのまま走って行ってしまいましたので、謝る事もなかったです。
ちょっと悲しくなりました・・・・。
「あなたのお子さんがうちの子を突き飛ばして~~、注意してくださいね」と言おうかなとも思ったけど、授乳中の姿に引きました。。。。
その男の子が「That' not funny」とすごい口調でkeiに言って突き飛ばしたので、気になりました。
勝手な推測だけど、その男の子には下の子が出来て、もっとママに構ってほしいとか、そういう欲求があり、荒れている時期かもしれません。

keiは小学生くらいまで、ずっとこういうタイプなのかな、幼稚園に行ったりすると鍛えられるのか、いや、もっとされるようになるのかしら・・・

叩く側のタイプの親御さんも、毎回心が傷つく、あまりに多いと集団の遊び場に連れて行くのが辛くなると聞いたことがあります。

女の子はどうなのかな?

いろんなタイプの子供と接し、子供も親もそこから学ぶことも多いと思う。
でも、まだ自分で判断が出来ない時期だから、やっぱり親が見て注意したりしなくてはいけないと思った出来事でした!
[PR]
by keismile | 2008-02-13 01:45 | ロンドン生活

大英博物館

大英博物館です。(興味があればこのサイトが分かりやすい。)
a0073021_2054760.jpg

家から歩いて10分!!素敵でしょ~。
親としては見どころ満載で楽しいし、広々としていて多少子供が騒いでも目立たないので、よく連れて行きます!
こんなに充実しているのに、無料なのが嬉しい。
毎回がつがつせずに、ゆっくり各大陸ごとまわっています。

12月に行ったアテネ パルテノン神殿・・・・有名な話だけど、本物はごっぞりここにあります!
a0073021_208143.jpg

ギリシャの文化遺産が一堂に展示されています。
いつ見てもその文化性、芸術性は非常に高くて、殆ど全てが紀元前5世紀ごろ、2500年以上も前のものということに驚くばかりです。

エジプト ラムセス2世の石像・・・・第19王朝の王の巨像の上部。
テーベ・王葬祭殿から出土し、右胸の穴はナポレオン軍が持ち帰る時に開けたものらしい。
a0073021_2020398.jpg

本人、どんだけ偉大なものに見て触れているか、全然わかりません。目の前のトーマスの方がお気に入りだから(笑)。
イースター島のモアイ像くらいは、大きいし顔なので、なにか反応があるといいなぁ。
まだギリシャ・エジプト・中国しか見ていないので、今後ゆっくりと全制覇していきたいです!
[PR]
by keismile | 2008-02-12 20:26 | ロンドン生活

ともちゃんママ

ともちゃんのママが作ってくれた、アンパンマンのあんパン!*keiは寝起きで、ちょっと不機嫌で~す。
a0073021_23364288.jpg

すごいかわいいし、おいしかったです。ありがと~~う♪

ともちゃんママ、すごいんです。私がリスペクトするママ友の1人です。
私よりちょっと年下で、③人の子持ちですよー!!!!
『えーーーー』
しかも年子&双子で、3人の男の子をアメリカ→ロンドンで育ててるんです。
『えーーーー』
そんな育児が大変なのに、パン・ケーキ作ったり、子供のセーターや帽子も編んでるの。
『えーーーー』
でね、一番すごいのは、東京帰ったら仕事復帰するんだって。バリバリのキャリアウーマン。
『えーーーーーーーーーーー』でしょ?!

子供が1人なのに、『日本じゃないから大変~、1日3食作るってしんどい・・・・』と言っている私。
まだまだ人間ができてませんね。
                     ボーダーBoys
a0073021_23461725.jpg

[PR]
by keismile | 2008-02-06 23:48 | ロンドン生活

変なお天気・・・

これから、お友達のお家まで出かけです!
先週から今日は雨の予報だったのに、雨は降っていない模様。曇ってはいますが、ちょっと日も差しています。天気予報をみると、またこのマークかいっ!!!
a0073021_193389.gif

ここロンドンでは、よくある曇り・晴れ・小雨の1日、いったいどんなお天気なのよ~~。
雪が降る以外なんでもありってことで、天気予報が外れにならないね。
ロンドンは日増しに日照時間も長くなり、5時pmくらいまでもつようになってきました。
ちょっと前は4時で暗くなってたの。
道に何気なく咲いている小花を発見した時は、春ももうすぐかなっという気分になりました。
気温も毎日10度前後はあるので、助かっています♪
去年の冬はもっと温かかったけど、夏がなかったらしい(冷夏)。それも、なんだか嫌だね。
[PR]
by keismile | 2008-02-05 19:38 | ロンドン生活

やぎに餌

うちの隣の公園にて・・・
a0073021_0444568.jpg

東京は雪らしいですね。ひょえ~、寒そうだ~~。

ロンドンは普通に曇りでした。気温は最高で8度。でも風が強いので、体感温度は3度くらい?

日曜日だけど夫は図書館でお勉強だから(昨日遊んだから~)、いつも通り二人で隣の公園へ。
今日は特別にニンジンを2本持参して、ヤギや羊に餌をあげました。

まず、私がお手本みたいな感じであげてみました。

すごい、勢いでやってきて、

パクっと、一瞬です、

私の手の中からニンジンが消えた・・・・(汗)

もう少しで、私の手も食べられてたわ~!!!危なかったぁ、まじで、久々焦りました。
ヤギさん、お腹空いてたのかしら?!

こんなことkeiにはさせられませんわ。お手て噛まれちゃってからじゃ、遅いし。

と言う訳で、人参片手に、記念写真。

すごい勢いのヤギ、怖いよねーーーーーーーー。

今気がついたけど、これヤギであってる?!ヤギに、つのってあったっけ?

では皆さま、寒いのでお体お大事にね。
[PR]
by keismile | 2008-02-04 00:53 | ロンドン生活

ロンドン交通博物館

ちょっと前になるけど、keiの仲良しのともちゃんと一緒にロンドン交通博物館に行ってきました!
a0073021_0205282.jpg

ここは、もちろんロンドンの交通を取り扱っており、地下鉄、有名な2階建てバス、昔走っていたトラムも展示してあり、非常に見ごたえがありました。
子供達も大好きな電車・バスに乗って大興奮~♪
a0073021_0245792.jpg

子供のプレイスペースもあり。ママがちょっと休憩したい時など助かります。
a0073021_0254217.jpg

ともちゃんママから頂いた、かわいい2ショット☆二人とも歴代の地下鉄・バス職員の帽子をかぶっています!
a0073021_0291390.jpg

男の子同士だけど、お手てつないで、すごい仲良しの二人。
いつもkeiよりちょっとお兄ちゃんの、ともちゃんが『Keiちゃん、お手てつなごー』と、リードしてくれます。
keiは初めてのお友達で、よっぽど好きなんでしょうね、家の電話の受話器をとって、『ともちゃん?』とか言っちゃってます(笑)。

ロンドンの交通がわかり、子供だけでなく、親も非常に楽しめたプレイデートでした!

そうそう、ほとんどの博物館が無料なロンドンだけど(寄付制なの、素晴らしいよね~)、ここだけは大人は8ポンド(1800円くらい)でした。地下鉄も普通に高いのに・・・・
ここでもお金とって儲けるなら、、もう少し地下鉄にLift(エレベーター)を作ったり、ぼろい古い地下鉄を新しい地下鉄にして欲しいわ!(って、ロンドン在住の人は皆思っているはず!!)
[PR]
by keismile | 2008-02-04 00:42 | ロンドン生活

Goodbye、keiのロン毛姿・・・・・・・・・

ついにロングに伸びたkeiの髪の毛をカットしに行きました!
2歳記念ということで、場所はハロッズのChildren’s Hair Salonです。
a0073021_1933621.jpg

15時の予約だったので、お昼過ぎに寝てくれればご機嫌でカットしてもらえだろうと思っていたのですが、運悪く14時過ぎまで寝ず、結局移動のベビーカーの中ですやすやZZZZZZZZZ
お店の方に起こさないと出来ないと言われ、無理やり起こし(ごめーん)、椅子に座らせシートベルトをして、ケープを着てヘアカットです。
a0073021_194422.jpg

keiはぼーっとしていて、何が起こっているのかよく分らないままだったようで、ずっと黙っていたし、目もつぶり、体も左右に揺れていました(笑)。
眠さには勝てなかったようです。
a0073021_195426.jpg

ほんの15分で完成です。
a0073021_1962089.jpg

まるで別人になりました~。
a0073021_1964710.jpg

HPでリサーチしていた値段よりお安く、カットも上手で納得のお値段(£30)でしたよ。
円にすると現在のレートで約6400円とお高いけどね。
ポラで撮った写真と名前や日付の入った証明書も発行してくれました。

子供がいると何でもイベントになって、楽しいですね~♪
[PR]
by keismile | 2008-01-25 18:55 | ロンドン生活

お絵かき

a0073021_214990.jpg

                                   絵:パパ
                                   モデル:スノーマン、kei、あんぱんまん

最近、keiは絵を描いてもらうのが好きらしく、『ノーマン(スノーマンこと)、かーてー(書いて)』→『keiも』→あとは『あんぱんまん』、『パパ』、『ママ』などをリクエストしてきます!

この絵は夫が書いたもの。何も見ないで、ささっと書いている割には、結構いけてると思います♡
[PR]
by keismile | 2008-01-17 02:21 | ロンドン生活

Les Miserables & The Nutcracker

a0073021_174245.jpg

年末に夫とレミゼラブルのミュージカルを観に行きました。
私は中学生の頃かな、何かのマンガの懸賞で当たった島田歌穂さんのコンサート@青山劇場に母親と行って以来、彼女のファンになってしまい(しぶい中学生だったわね~)、その時島田さんが出演していたレミゼももちろん観に行きました。
レミゼはいろいろな国で上演されていますが、エポニーヌ役は島田さんってくらいの抜群の歌唱力で有名なんだそうです。(←今回調べていて分かったんだけどね。)
レミゼの本も読んだりしていたのですが、今となってはあの時の感動など忘れていて。今回は本場のロンドンって事で(1985年にロンドンで初演)、すごく楽しみにでした。
実際、言葉が分からないことを忘れるくらいの感動がありました!
キャストや私の周りの観客にとっては、数百年前にあった本当の話なんだって思うと、変な言い方だけど、日本人が演じているより、本物っぽく思えたし。
たった1片のパンを盗んだ罪で19年も投獄されていたバルジャン、優しい司教の許しによって、彼は変わるのですが、その生き様に・・・会えない子供のコゼットを思い続けるファンテーヌの母性愛に・・・エポニーヌのマリウスに対しての片思いに・・・ほろりと泣けました。歌も良いし、久々のミュージカル、やっぱり生はいいですね。
又ロンドンにいる間に行こうと思います。

a0073021_1454029.jpg

先週は夫の同級生の女の子たちに誘われ、くるみ割り人形のバレエを観ました。
初めてのRoyal Opera House☆すごいゴージャスでした!!
日本の劇場と比較出来ないほど重厚な内装でしたよ(歴史、文化の差かな)。

内容はクリスマス・イヴにマーシャの家では大きなツリーを囲んで盛大なパーティーが開かれる。マーシャは大好きなドロッセルマイヤーおじさんから“くるみ割り人形”を貰って大喜び。素敵なクリスマスはそれだけではありませんでした!その夜、ねずみの軍隊と戦った“くるみ割り人形”は美しい王子に変身し、マーシャをお菓子の国へと誘います…。クララは喜んで招待に応じて外に出て雪の中を歩いていく。一面の銀世界では雪の王様と女王が「雪のワルツ」を踊って二人を歓迎する。お菓子の国ではいろいろなお菓子の精が「スペインの踊り」「アラビアの踊り」「中国の踊り」「ロシアの踊り」「あし笛の踊り」「花のワルツ」などを見せて歓迎してくれ、最後に金平糖の精と王子によるグラン・パ・ド・ドゥが踊られて幕が降りる。全てはクララがクリスマスの夜に見た夢だった。

クリスマスに観る作品として最適ですし、誰が観ても楽しく美しく、そして感動できるバレエでした。クリスマス・パーティーの場面では、バレエ学校の子供たちもたくさん出ていて、かわいかったなぁ。主人公のクララがソリに乗る『雪の国』のバレリーナたちはとーっても美しいですし、最後の幕の『各国の踊り』も楽しかったです。

今回は違いましたが、日本人の吉田都さんが金平糖の精を演じているんです。吉田さんの他にも、日本人ダンサーが5人出演されています。英国ロイヤル・バレエって約100人の所属らしいです。
こうやって海外でご活躍される日本人を見る度に、もう大体が同じくらいの年齢又は年下だったりする訳で・・・すごい尊敬するし、自分の夢を世界の舞台で実現していて、とても憧れてしまいます。

(*レミゼもくるみ割りも、家から電車で3駅という近さだったので、本当に今住むところは便利でありがたいです。)
[PR]
by keismile | 2008-01-15 02:41 | ロンドン生活

☆健康第一☆

この時期、どうしても体調を崩しやすいですよね。
年末年始、お友達とメールしていると、12月に入院したお子様が3組もいて、びっくりしました。
その他にも子供がずっと病気がちで、あっという間にXmas、年明けだったという報告も。
ママさん方、看病とかお疲れ様でした。

実は私、2日前の深夜に突然吐き気と下痢に襲われて・・・・・・・・・・
がーーーん、これはまたロタorノロちゃんかしらと思いながらトイレの往復。

幸い大したこともなかったので、今は全然大丈夫なのですが、さすがに翌朝はふらふらで、元気も食欲もなく、久々にダウンしていまいた。
昨年の2月にボストンで、keiの白い下痢→私→夫と家族で感染し辛い日々だったことを思い、日々、手洗い&うがいはしていたつもりなのに。なぜ、私だけ、今ロタに・・・・・!?
私も母親なので寝てばかりもいれず、keiの相手や昼・夕食作り(パンややきそばだけ~笑)くらいはしましたが、母親は本当ゆっくり寝ることもできませんもの、日頃から健康管理には注意しなくてはなりませんね。

子供への病気の対策としては、手洗い(うがい)が中心ですが、規則正しい生活、そして何よりいつも側にいる親が風邪の菌などを持ち込まないのが1番だそうです。
子供は外や特に子供の集まっている場所に行って、病気になりがちですが、そうやって病気になるのも大切で、免疫を付けて成長していくそうですよ。
多少寒くても、家の中に閉じこもってばかりでなく、寒さを経験させたりして皮膚の新陳代謝を活発にさせ、風邪に対する抵抗力をつける方がいいみたいです。低月例のうちはベランダでね。
日本ではマスクって日常に普通にあるものだったけど、ロンドンではマスクをしている人を全然見ません。売っているのもまだ発見できず。マスクも風邪予防の有効な手段な気がします。
私は1月出産だったので、12月くらいから一人での外出時は必ずマスクをして帽子もかぶって行動していました(ちょっと怪しい?笑)。そのせいか、風邪はひかなかったですよ。

私が毎日の健康生活の為に心がけているのは、手洗いうがいの徹底、お部屋の換気(昼間1時間は窓をあける)、バランスのいい食事、加湿器くらいかな。特に女性の場合、冷やすのと乾燥がいけない気がします。
家は風邪の初期症状が出たら葛根湯を飲んで、早く寝ます。だいたいこれで治っていますよ。葛根湯はいつも10セットくらい日本から持ち込むのですが、足らずで、親に送ってもらうほどです。葛根湯は薬局で手軽に買えるし、授乳ママも飲めるので、お勧め!
ロンドンにいる間に、ホメオパシーのレメディキットを買っていこうと思っています。只今、ネットでだけど独学中です。

皆さんの健康法でお勧めがあれば、教えてください!!!
[PR]
by keismile | 2008-01-08 19:29 | ロンドン生活