<< うちは皆みずがめ座 大英博物館 >>

子供の性格 叩く子・叩かれる子

Keiは穏やかな性格なので、玩具はとられる側、叩かれる側、押し倒される側のタイプです(涙)。

でもいつも元気一杯で、同じくらいのお子様を見ると一緒に遊びたくて仕方がなく、交わり、様子をみて遊ばせていますが、必ず相手に何かされて、その子と母親に謝られています(汗)。

公園・プレイエリアでは、毎回必ずこれの繰り返しです。

今日も公園で、3歳くらいの男の子に突き飛ばされ、顔を地面にすって、唇を切って血が出てしまいました。
その男の子のママは生まれたばかりの子供に授乳中で(@公園)、全く子供のことは見ていませんでした。
その子は突き飛ばした後、そのまま走って行ってしまいましたので、謝る事もなかったです。
ちょっと悲しくなりました・・・・。
「あなたのお子さんがうちの子を突き飛ばして~~、注意してくださいね」と言おうかなとも思ったけど、授乳中の姿に引きました。。。。
その男の子が「That' not funny」とすごい口調でkeiに言って突き飛ばしたので、気になりました。
勝手な推測だけど、その男の子には下の子が出来て、もっとママに構ってほしいとか、そういう欲求があり、荒れている時期かもしれません。

keiは小学生くらいまで、ずっとこういうタイプなのかな、幼稚園に行ったりすると鍛えられるのか、いや、もっとされるようになるのかしら・・・

叩く側のタイプの親御さんも、毎回心が傷つく、あまりに多いと集団の遊び場に連れて行くのが辛くなると聞いたことがあります。

女の子はどうなのかな?

いろんなタイプの子供と接し、子供も親もそこから学ぶことも多いと思う。
でも、まだ自分で判断が出来ない時期だから、やっぱり親が見て注意したりしなくてはいけないと思った出来事でした!
[PR]
by keismile | 2008-02-13 01:45 | ロンドン生活
<< うちは皆みずがめ座 大英博物館 >>